プリザーブドフラワー通販|お悔やみ・お供えのお花

心穏やかに 故人を偲ぶプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーギフト TOP > お悔やみ・お供えにプリザーブドフラワー
お悔やみ・お供えのプリザーブドフラワー

お悔やみ・お供えには「プリザーブドフラワー」ご親族の手を煩わせません

お悔やみ・お供えには、水遣り不要で枯れないプリザーブドフラワーがおすすめです

故人を偲ぶ、優しい色合いのお供え花をご用意しています。
お盆、お彼岸、法事などに是非お役立てください。

水遣り不要で枯れないプリザーブドフラワーなら、夏場の生花が傷みやすい時期にも綺麗な状態を 保ちます。
また、ご葬儀や仏事で、お忙しいご親族の手を煩わせることなく、そのまま飾っていただけます。


ペットのお供えにもお役立てください

家族同様に大切に可愛がっていらしたペットのお悔やみのお花として、
飼い主様の悲しみが癒えることを願って、心を込めてご用意をさせていただきます。

お悔やみ・お供えのプリザーブドフラワー

お悔やみ・お供えの贈り物 人気のプリザーブドフラワー ベスト3

白いお花をメインに、紫や淡いピンク、イエローを添えた上品な色合いがおすすめです。


お悔やみ・お供えの プリザーブドフラワーギフト一覧

枯れないプリザーブドフラワーなら、水替えなどお手入れの負担がなくご親族の手を煩わせません。


お悔やみ・お供えのお花のアドバイス

人の気持ちを癒し安らげる「花」は、お悔やみやお供えとして代表的な贈り物ですが、
デリケートなシーンでの贈り物となるため、少し注意が必要です。

お供えのお花を贈る場合
枕花の場合、ご遺族のお気持ちを考えて、あまり早くから準備せず、
お通夜の前日か、当日の開始前までに贈るようにします。
花色は、白やブルー系などの寒色系が適しています。
ご葬儀のお供え花として贈る場合、地域によって風習が異なる場合や、
お供え花の受付をお断りしている斎場もありますので、お贈りする前に、必ずご確認をお願いいたします。

命日にお花を贈る場合
命日前日の午後にお届けするのが一般的です。
花色は、白やブルー系の他、故人がお好きだったお花をお贈りしても良いでしょう。
その際は、あらかじめご家族に「○○さんのお好きだった花をお贈りしてもよろしいでしょうか」とお伺いし、
ご了解を得ておくと安心です。

法事にお花を贈る場合
初七日や一周忌などの法事のお花を贈る場合、ご法事前日の午後にお届けするようにします。
会館など法要式場の場合は、当日の式典が始まる前にお届けします。
四十九日までは白い花、それ以降になればピンクなど少し淡い色が入っても良いとされていますが。
ご家族に事前に確認しておくと良いでしょう。

ペットのお供え花を贈る場合
亡くなったペットやそのご家族にお悔やみの気持ちが伝わる、可愛らしい明るいお花お花が良いでしょう。
長く飾っていただけますので、お写真と一緒に飾れるフォトフレームタイプのものもおすすめです。